市民活動ブログ - 最新エントリー

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在34名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。 

ここに発表の作品は、班順(A班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「モミジ」 新座市 平林寺  高橋 澄江

「川霧照らされ」 茂木町 那珂川  郷原 弘一

「サンタのお宿」 所沢市 西武園  畠山 信義

「もみじ」 新座市 平林寺 神原洋子

 

「紅葉」 北茨城市 花園渓谷 吉田敏雄

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

冬も盛りの’大雪’を過ぎ、巷はクリスマスムード、年末年始までもあとわずか、茨城も早朝には霜柱が立ったりと、朝晩は冷え込んできました。なにかと忙しくなる師走ですが無理をせず、あたたかくして元気に過ごしたいものです。

冬の冷たい空気のおかげで富士山がくっきりと見えた本日、守谷ひょうたんクラブは、市役所にて市の広報紙の取材を受けてきました。今時期は収穫も終わり、クラブの活動は静かに見えますが、天地返しをしたり、来年の畑の土づくりに励んでいます。また、各自作品作りも着々と、来年は瓢箪ランプショーの予定もありますので、その準備をしています。

そんな中小耳に挟んだのですが、ひょうたんに刃物で彫りを入れる場合には、収穫処理をして間もない、若い素瓢の方が柔らかく、行いやすいのだそうです。年数が経つと木化(もっか)が起こり、組織は強化され硬くなるようです。

ひょうたんクラブ会長の作品には、瓢箪に見事な透かし彫りを施し、守谷市のシンボルである松の木と山百合の花、小綬鶏が描かれ、ランプとなりました。

 

 現在、守谷市役所一階ロビー中央、期間限定にて展示してありますので、お近くの方はぜひ一度ご覧ください。

お知らせ

クリスマスイベント  もりやクリスマスファンタジー2018

12月23日(日):雨天の場合24日(月・祝)

16:00~  模擬店、コンサートなど、tx守谷駅西口駅前広場にて、16:30~は、ランタンにて地上絵を描きます。今年も、ひょうたんランタンも並びますので、みんなで点灯に参加したり、楽しいイベントにしましょう!

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在34名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。 

ここに発表の作品は、班順(E班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「なかよし」 取手市  澤崎 房子

    

「どうどう」 南相馬市  武谷 祥右

「晩秋の笑顔」 日光市  水口 忠男

 

「田園の秋」 下妻市  重松 幸枝

「花盛り」 柏市 あけぼの山公園  古賀 雄一

2018年11月友の会行事

カテゴリ : 
登録団体 » もりや市民大学友の会
執筆 : 
jimachian 2018/11/20 17:58

 もりや市民大学友の会

 

平成26年3月に設立した「もりや市民大学友の会」。

 

もりや市民大学を通じて知り合った同窓生がネットワークを作る事を目的とし「現役受講生」「修了生」のみならず「サポーター」「運営委員」「講師」の含め広く開かれた会を目指しています。

 

 

 

今回は友の会11月行事「笠間周遊旅」の報告です。

 

守谷駅西口、チョット寒い朝、集合時間の30分前には参加者20名全員集合です。

 

(皆さん朝は強いですね。)

 

笠間へは常盤高速で1時間で到着、県立陶芸美術館→陶芸の丘→日動美術館→笠間稲荷→笹目久兵衛商店(酒蔵見学)→焼きもの通りにての買い物を経て5時30分守谷に戻って来ました。

 

参加者からは多くの美術品を見られて目の保養になった、仲間との懇親を深めえる事が出来良かった、との声を多く聞きました。

 

場所は近くでも「非日常空間に置く事によるリフレッシュ」が旅の最大の魅力多いに堪能しました。


開催日:2018年11月10日(土曜)
テーマ:いつもの暮らしの中で出来る防災~女性視点でくらし防災~
講師:池上 三喜子 氏(公益財団法人市民防災研究所 理事)
 
 

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在33名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。 

ここに発表の作品は、班順(D班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「夢-S」 取手市  堀北 忠正

「夜明け」 山中湖村 パノラマ台 倉田 憲夫

「木漏れ日の山百合」 行方市 西蓮寺 後藤 和男

「可憐な花」 守谷市 立沢  髙橋 英雄

「この指止まれ」 柏市 あけぼの山公園  佐是 訓子

「湖畔の秋景」 志賀高原 木戸池 山本 修史

   ここは、茨城県稲敷市の金江津地区、利根川河川敷の牧場風景です。フォトクラブ写遊の、水口忠男、澤崎房子の2名が約5年間撮影し『ミルクの里』として発表されたものです。
 刻々と多様な色に染まる雄大な利根川と、大きな体でのんびり動く牛たちの、こころ温まるそれでいて目が覚めるような光景・・・農業県・茨城ならではの伝統風景です。
 私たち「フォトクラブ写遊」では、県内の名所や珍しい場面
などを写真で紹介し、微力ながら茨城県の魅力を伝える活動を
始めました。時折ご覧頂ければ幸いでございます。 
                           フォトクラブ写遊

                                                      会長 小松洋一 

1.朝が来た

2.日の出のころ

3.散策

4.お昼寝

5.いつもの仲間たち

6.夏空

7.移動

8.きれいだねー

9.最高の避暑地

10.朝焼け

11.お夕食中

12立秋

13.家路

14.子育て

15.おいしいー

16.冬支度

17.雪日

18.サンセット大利根

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

台風に秋雨前線。地震、停電。。お天気、災害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

 

9月、ひょうたんクラブでは、商工まつりに参加しました。その様子です。

 

また、畑では、瓢箪永宝の収穫を行いました。その様子です。

みなさん収穫の喜びに、いいお顔です(*'ω'*)

10月に入り、最近の流行はひょうたんハロウィン人形。

自然素材の手触りは、やはり癒しがあります。瓢箪独特の曲線を、ぜひみなさま手に取って感じてみてくださいね。

「第17回花ごよみ写真展」は、9月18日を持ちまして、7日間の展示会を終了致しました。期間中、大勢の皆様方のご来場を頂きました事、会員一同心から御礼申し上げます。今後とも、写真を通じて皆様方と、お付き合いさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。
会員数は現在33名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。     

ここに発表の作品は、班順(C班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

 

「相馬の勇姿」 南相馬市 岡本 恭二

「夜空の共演」 常総市    久保 隆之   

浜下」 相馬市 松川浦 崎田 春江

 

「ひまわりの上で」 柏市 あけぼの山農業公園  藤井 史夫

「笑顔の阿波踊り」 越谷市  横内 陽子 

「踊りが・・・」 越谷市 山本 靖恵

伝統繋いで」 柏市  中川 静枝