• カテゴリ 守谷ひょうたんクラブ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

市民活動ブログ - 守谷ひょうたんクラブブログ

10月 畑の様子

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2020/10/2 5:41

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

朝晩肌寒くなってきました。昨夜は十五夜ということで、ススキをお飾りして、真ん丸のお月様を眺めたりできました。星もキレイでしたね。

さて、畑は、、キレイではありません。今年のお天気には、さすがの熟練者も、瓢箪さん達も、参ってしまったようです。長雨に酷暑、7月、9月もほぼ毎日降雨が続きました。

現在の様子です。

 

腐って落ちた実の中には種がいっぱい、、、、そこから芽を出しています!!

2020は、残念な結果となってしましましたが、これも経験、たとえ結果が残せなくても、作業できた時間、奮闘した時間、過ごせたことに感謝です。

そして

これは、、、、、

ひょうたんかぼちゃ?

(*'▽') これから冬の間は、作品を作る楽しみがありますね!!

 

 

 

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

大雨災害に襲われた各地の様子をテレビで見ていると、言葉がありません。

毎年毎年、異常な事態、予想が出来ない天気です。そして、梅雨ってこんなに長かったっけ???と私は感じていますが、、、瓢箪も日照不足のようです。先月まで順調であったひょうたん達が、突然葉が枯れ元気がなくなり、病気の兆候が見え始めました。

以下、お見苦しい写真を何枚か載せます。苦手な方は、閲覧をご遠慮ください。

 

クラブ会長も、長いこと育成に携わってきたが、今回の病気は初めてだとおっしゃっていました、何が原因なのか、よくわからないとのことです。

葉の様子からすると、褐斑病ではではないか?と思いますが、いろいろな要因が重なってのことかもしれません。どなたか助言を頂きたいほどです。そして、この天気ではなかなか薬を使うことも難しく、ウイルスなのか菌なのか、それに耐えられる力がなかったのか、、、

幸いサマーキングという品種は葉っぱが元気であり、無事だったので、これから完熟の期間、様子をみながらやっていくとの事でした。

 

 

なんとも痛々しい、自然に枯れたものではなさそうです。。。葉の根元の茎のところから腐ってきていたり、ツル自体が茶色くなって、瑞々しい力が見られませんでした。

 

まるでウラナリのような姿、これでは皮が完熟するか難しいところです。この斑点のようなものも、傷ではなく発生したもので、スタイルは良くても、肌は美しくありません!水漬けしたら、きっと溶けてすべて腐ってしまうでしょう。苗から大切に育ててきた結果がこれでは、、、悲しすぎます。

こちらはサマーキングという品種。立派です!

 しかし、こちらも例年とは違って、小蔓にまったく雌花が咲かなかったそうです。孫ツル、ひ孫ツルまで伸ばしてやっと雌花が開花、受粉はこの雨のなか、奇跡のタイミングで、なんとか出来たものです。皮をケロイドのようにしてしまう害虫とも闘いながらの、会長の努力の賜物です。

しかし肝心なのはこれから!!

昔、瓢箪の聖人が言ったそうです。

特大瓢箪を完熟させるには、実、ひとつに対して、健全な葉が、1500枚必要である。と。

大きな葉っぱが、一個の実につき、千五百枚です!そして、受粉がうまくいって着果してから、完熟までには最低60日はかかると言われています。大きなものでは90日、その間、葉を健全に保ち、栄養を送ってやらねば、丈夫な瓢箪はできないとのことです。

今年の収穫は、10月か、、、葉が全て枯れ切るところまで待たねば、完熟までいかないでしょう。

今後のお天気も非常に気になります。

自然の神様に祈りながら、作業を続けていきたいと思います。

 

 

 なんてことでしょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

6月、畑の様子

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2020/6/17 17:09

 こんにちは。守谷ひょうたんクラブです。

これが梅雨の天気かな??と感じる昨今ですが、どうか今年は恵みの雨でありますように。

 

自然のパワーと緑に癒されるひょうたん畑の様子です・

立派なミミズ!!

葉っぱも横綱サイズのサマーキング!!

なんと美しい巻きひげ(*´ω`*)けっこう丈夫です。

 

お天気に恵まれますように!!

Best regards.

 

 

演奏会&瓢箪ひな飾り

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2020/2/27 8:01

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

季節の変わり目、春に向けて大きく変化する前段階でもありますこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

前回のブログでお知らせしました通り、22日に東部ガス守谷ショールームで、手作りひょうたん楽器の音出しがありました。沖縄三線の方もゲストで演奏して頂き、アコースティックな音空間のひとときでした。

 お越しいただきました方々、ありがとうございました。

それから、この新型ウイルス騒動のなか、ブログでお知らせするのはどうかと悩みましたが、、現在、守谷市野木崎にあります大野公民館で、お雛様の展示が行われています。

福祉施設での開催予定でしたが、感染拡大被害を防ぐため中止されまして、かわりに大野公民館で3月3日までの展示です。見事なお雛様がたくさんです、一部を写真でご覧ください。

また開催中は、お越しいただいた全員にマスクをお配りして、入り口では手指のアルコール消毒を、必ずしてもらうようになっています事、お知らせしておきます。

 

 

 

 

これから大事なイベントが控えている方も、たくさんおられるかと思います。

安全と健康を一番に、みなさま健やかでありますよう、どうぞお元気でお過ごしください。

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

2月になりましたが、まるで春のような暖かな日が多く、気候の変化を年々感じるようになりました。

今年は茨城に雪は降らないのでしょうかね(*'ω'*)。。。

さて、今年もtx守谷駅の近くにある、東部ガスさんのショールームにて、ひょうたん作品の展示をさせて頂いてます。今回は初の試み、珍しい瓢箪楽器を集めてみました!

この一番右の、長さ1メートルを超す大きな瓢箪は、幸彩(こうさい)と呼ばれる品種のもので、茨城筑波で開発されたものです。書いてある言葉は、”游山翫水”(ユウザンガンスイ)禅の言葉だそうで、翫は”玩”とも書かれ、満足するまでとことん遊ぶ、という意味、山や川で美しい自然や景色を見て、水を玩び、楽しむ事を表すそうです。

左隣は太陽をイメージして描かれた絵、金色は何重にも塗料を重ねてあります。

 

 

他にも茨城の畑で採れた瓢箪で、ハワイやアフリカに伝わる楽器を制作しました。実際に触って試奏できるものも、いくつかありますので、ぜひお立ち寄りください。アットホームで親切!笑顔がステキな、安心できる東部ガスのスタッフさんもいます(*'ω'*)

2月22日(土曜)の11時からは、水琴窟のようなサウンドが響く、巨大レインスティックの生音も披露いたします。ぜひみなさん遊びに来てくださいね。

 

 

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

あっという間に師走12月、、霜が降りて寒い日もあれば、あたたかなお天道様がうれしい日も。

畑の片づけ、土をひっくり返すにはいい季節です。

前回のブログで載せました、茨城での国体マスコット、イバラッキー君を瓢箪で制作し、歓迎の意を込めて展示を行ったことに、クラブ会長が、守谷市の市長さんから表彰状を頂いたようです。

 

 

これから畑仕事はしばらく休眠、冬の間はヒョウタン作品の制作に取り組む会員さんも多く、各々の活動をしています。

みなさま、よいお年をお迎えください。

来年も健やかにヒョウタンが育ちますように!!

 

 

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

現在、TX守谷駅構内にて、いきいき茨城ゆめ国体2019のキャラクターを、守谷市の名物?”ひょうたん”にて制作した、”いばラッキー”が展示されています。市内中学校で作成したのぼり旗と共に、装飾されたひょうたん、お近くをお通りの際はぜひご覧ください!(*'ω'*)

今後は守谷市図書館や、常総いこいの郷に展示したのち、来月10月3日より、茨城国体ハンドボール競技の会場となる常総運動公園総合体育館にて、訪れたみなさまを歓迎し、盛り上げていきたいと思います。

 

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

7月は寒い長梅雨、、8月に入ってからは、夕立を願いたくなるような猛暑酷暑の毎日、環境の変化に、気候の変化に、人間も気づいて色々対応していますね、植物も自己制御したり、適応しようと、少しづつ静かに変わっていくものなのかな、と感じることがありました。

畑の様子です。

 

 

 今年は苗の植え付けがかなり遅れて心配でありましたが、盛り返してきましたよ!ひょうたんのお世話は、労力も知識も努力も必要です。決して楽ではない作業の数々を、懸命にやらねば育ちません。

私はたまに畑に行き、気楽に写真を撮るだけですが、一部の会員さんには、本当に頭が下がります。

こちらは初挑戦中のパパイヤです。急に、大きくなってきました!

お花もチラリ(*'ω'*)

 

こちらも 早く実が成るといいな!(*'ω'*)

 厳しい暑さが続きますが、年に一度の夏、楽しんで過ごせますよう。

 

黙祷

 

 

 

 

5月~6月、畑の様子

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2019/6/24 10:33

 こんにちは★守谷ひょうたんクラブです。

6月のストロベリームーンは見えましたか?満月から2日後ぐらいでしたでしょうか、真っ赤でオレンジでなんともゾクッとした月を、私は見ました。

夏至も通過しまして、日も長くなりました。太陽の光が北半球にさんさんと降り注ぐ時ですが、本日ここは雨、最近の茨城は植物にはちょうどよい間隔で、雨に恵まれている気がします。

クラブの畑の様子です。

今年は例年より苗の育成、植え付けが遅れたそうで、やっと棚上に蔓が届いてきました。これから、グングン伸びるでしょう。小さいながら、かわいい花のつぼみと実も出来てきました。

 

 

 

それから、こちらは初挑戦の青パパイヤです。20cmほどの苗から植え付け、少しづつ葉も大きく幹も太くなりました。これから楽しみです!

 

 成長を見守り、また近況をアップしたいと思います。

すこやかでありますよう★

 

 

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです!

 

暖かな日差しを浴びて、久々に皆が集まりました。

今日は、会長によるヒョウタンへの螺鈿張り講習会、細工を学びました。

本漆(ほんうるし)で手がかぶれた経験もあるS会長、私たちには無理と、わざわざ螺鈿(らでん)シートを用意してくださり、漆ではなくカシューという塗料で装飾する手法を教えてくださいました!

螺鈿には、貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を使います。

螺(ら)は貝、鈿(でん)はちりばめることを意味するそうです。

奈良時代に唐から輸入され、琵琶などの楽器の装飾に使用されました。平安時代には漆と共に蒔絵に施されたり、鎌倉時代には鞍の装飾としても人気があったとか。。。高度な技法を必要とする螺鈿細工、素人の会員達が一体どこまでできるのか!?

まずは材料費。。。。けっこうかかります( ;∀;)道具も色々必要、ヒエー。

しかしながら、黒光りする表面に施される虹色のヒカリ、とってもとっても美しい!(*'ω'*)のです。私は何年も前から憧れていました、頑張りたいと思います!