• カテゴリ 守谷ひょうたんクラブ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

市民活動ブログ - 守谷ひょうたんクラブブログ

5月~6月、畑の様子

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2019/6/24 10:33

 こんにちは★守谷ひょうたんクラブです。

6月のストロベリームーンは見えましたか?満月から2日後ぐらいでしたでしょうか、真っ赤でオレンジでなんともゾクッとした月を、私は見ました。

夏至も通過しまして、日も長くなりました。太陽の光が北半球にさんさんと降り注ぐ時ですが、本日ここは雨、最近の茨城は植物にはちょうどよい間隔で、雨に恵まれている気がします。

クラブの畑の様子です。

今年は例年より苗の育成、植え付けが遅れたそうで、やっと棚上に蔓が届いてきました。これから、グングン伸びるでしょう。小さいながら、かわいい花のつぼみと実も出来てきました。

 

 

 

それから、こちらは初挑戦の青パパイヤです。20cmほどの苗から植え付け、少しづつ葉も大きく幹も太くなりました。これから楽しみです!

 

 成長を見守り、また近況をアップしたいと思います。

すこやかでありますよう★

 

 

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです!

 

暖かな日差しを浴びて、久々に皆が集まりました。

今日は、会長によるヒョウタンへの螺鈿張り講習会、細工を学びました。

本漆(ほんうるし)で手がかぶれた経験もあるS会長、私たちには無理と、わざわざ螺鈿(らでん)シートを用意してくださり、漆ではなくカシューという塗料で装飾する手法を教えてくださいました!

螺鈿には、貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を使います。

螺(ら)は貝、鈿(でん)はちりばめることを意味するそうです。

奈良時代に唐から輸入され、琵琶などの楽器の装飾に使用されました。平安時代には漆と共に蒔絵に施されたり、鎌倉時代には鞍の装飾としても人気があったとか。。。高度な技法を必要とする螺鈿細工、素人の会員達が一体どこまでできるのか!?

まずは材料費。。。。けっこうかかります( ;∀;)道具も色々必要、ヒエー。

しかしながら、黒光りする表面に施される虹色のヒカリ、とってもとっても美しい!(*'ω'*)のです。私は何年も前から憧れていました、頑張りたいと思います!

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

先日のスーパームーン、月光、寒い時期の空気の中、美しかったですね。

冬の間溜まってしまった不要な気も、浄化してくれそうな美しさでした。これから一雨ごとに暖かくなる、春へ向けてのパワーを感じる今日この頃です。

畑仕事が落ち着いているこの2月、守谷ひょうたんクラブはただいまtx守谷駅近くの、東部ガスショールームにて、ヒョウタンランプ展開催しています。2月もあとわずか、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

東部ガスさんにはこの他にも会員の力作が展示してあります。瓢箪は品種により形も大きさも様々、生で近くからですと、また全然違って見えますので、ぜひ一度お立ち寄りください。

 

こちらは、常総いこいの郷、レストラン、ら・て~るさんです。守谷の美味しいオムライスやカキフライを食べながら、こんなところにもランプが!お雛様が!と、瓢箪作品を楽しんでいただければと思います。

 

 

 

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

冬も盛りの’大雪’を過ぎ、巷はクリスマスムード、年末年始までもあとわずか、茨城も早朝には霜柱が立ったりと、朝晩は冷え込んできました。なにかと忙しくなる師走ですが無理をせず、あたたかくして元気に過ごしたいものです。

冬の冷たい空気のおかげで富士山がくっきりと見えた本日、守谷ひょうたんクラブは、市役所にて市の広報紙の取材を受けてきました。今時期は収穫も終わり、クラブの活動は静かに見えますが、天地返しをしたり、来年の畑の土づくりに励んでいます。また、各自作品作りも着々と、来年は瓢箪ランプショーの予定もありますので、その準備をしています。

そんな中小耳に挟んだのですが、ひょうたんに刃物で彫りを入れる場合には、収穫処理をして間もない、若い素瓢の方が柔らかく、行いやすいのだそうです。年数が経つと木化(もっか)が起こり、組織は強化され硬くなるようです。

ひょうたんクラブ会長の作品には、瓢箪に見事な透かし彫りを施し、守谷市のシンボルである松の木と山百合の花、小綬鶏が描かれ、ランプとなりました。

 

 現在、守谷市役所一階ロビー中央、期間限定にて展示してありますので、お近くの方はぜひ一度ご覧ください。

お知らせ

クリスマスイベント  もりやクリスマスファンタジー2018

12月23日(日):雨天の場合24日(月・祝)

16:00~  模擬店、コンサートなど、tx守谷駅西口駅前広場にて、16:30~は、ランタンにて地上絵を描きます。今年も、ひょうたんランタンも並びますので、みんなで点灯に参加したり、楽しいイベントにしましょう!

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

台風に秋雨前線。地震、停電。。お天気、災害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

 

9月、ひょうたんクラブでは、商工まつりに参加しました。その様子です。

 

また、畑では、瓢箪永宝の収穫を行いました。その様子です。

みなさん収穫の喜びに、いいお顔です(*'ω'*)

10月に入り、最近の流行はひょうたんハロウィン人形。

自然素材の手触りは、やはり癒しがあります。瓢箪独特の曲線を、ぜひみなさま手に取って感じてみてくださいね。

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

今年は毎日が猛暑!酷暑!世界的にも異常気象がおこっているのではないでしょうか。

お天気が変われば人間も変わっていくのでしょうか???熱中症に気を付けて、ひょうたんクラブも畑での作業を行っています。

畑の様子です。

 

 

 

 

 

また、4年間続けたこの場所での活動は、土地所有者の都合により、今年の収穫をもって残念ながら最後となる予定です。

看板を片づけながら、今までの思い出話などにも、花を咲かせました。ひょうたんを通じて、新しく人と人との輪が出来たこと、つながりが出来たこと、この場所、出会いに、畑に、感謝します。

そして来月9月は、守谷商工祭りでの出店も決まりました!(^^♪

会員一同盛り上がって準備しています。みなさまお誘いあわせの上、会員達の作品を見に来て頂けたらと思います!よろしくお願いします!

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

早くも梅雨明けしたそうです。お天気のご機嫌が年々読みづらくなっており、ひょうたんの栽培もなかなか一筋縄ではいかぬ様子、会員達はそれぞれに、植物たちと必死に会話をしております。

先月告知しました、いこいの郷常総フェスタに、守谷ひょうたんクラブも参加させて頂きました。

その様子です。

 彼女たちは、メケアロハ、というフラダンスチーム。守谷産の瓢箪、イプヘケオレを持って、みなさんで踊ってくださいました!とっても素敵でした(^^♪

 

 

 こちらも守谷産の瓢箪、イプヘケ、イプヘケオレを使っての演技。

 

 

 ひょうたんクラブの会長も加わり、いろんな音色を聞かせてくれました。

 正午に近づくにつれ、やっとお日様が顔を出し。。。。

 地域の方々が集まり、交流を深め、いこいの郷の施設を知る、よい機会となりました。

様々なステージにバザー、食べ物の屋台、新鮮な産直野菜の販売、施設紹介に豪華景品がもらえる楽しい抽選会、などなど盛りだくさんのフェスタでしたが、朝のお天気のせいか人通りは今ひとつで、もったいなかったです!!次回はもっともっと、みなさんお誘いあわせの上、いこいの郷を楽しんでもらえたら、また守谷の魅力の一つ☆に、なることでしょう!

ありがとうございました。

 

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

6月、入梅となり、カラリと晴れの日がもっと欲しいな、雨の日はひょうたんの受粉もうまくいかないことが多いし。。。なんて思うのですが、植物たちはこれから大暑を迎える前に、一雨一雨ごとに大地に根を張り、見えない部分で地下部の成長を活発にしています。

また、虫たちも増えてきましたので、病害虫対策は欠かせません。ひょうたんクラブでは、炭疽病を防ぐために殺菌剤のダコニールを茎に塗りました。その他にもウリキンウワバなど、果実の表面をかじってしまう虫を、丹念に葉の裏を観察し、見つけ次第とっています。

これから青々と繁る葉っぱと、成長する果実、、見守っていきたいと思います。

そして、今回は、フェスタのお知らせをします。

6月24日(日) 守谷市大木の ”いこいの郷” にて、フリーマーケットやバザー、福祉についての相談コーナー、施設利用券が当たる抽選会など楽しいイベントがあります。守谷ひょうたんクラブも出店予定です。また、入り口横のスペースにてステージを、雨天時は館内にて、ジャズやハーモニカの演奏なども予定されています。

そしてそして、午前10時より、フラダンスチームの発表があります。”ひょうたんを持って”のフラを踊ってくださるようです!(^^♪ 他ではなかなかお目にかかれませんよ~w

ぜひお時間ありましたら、お越しくださいね。フェスタは10時~14時までです。

ちなみに、いこいの郷には館内に美味しいオムライスが定評のレストラン、”ら・て~る”さんが入っています。オムライスだけではなく定食もおススメです!店内には珍しい品種、形の瓢箪ランプが飾ってありますので、そちらもよろしくお願いします。(^^♪ 

 

 

 

 

 

 

5月~6月、畑の様子

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2018/6/5 21:33

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

5月後半、ひょうたんの勢いが増してきました。

棚上まで上がってからは、一日15センチから20センチは親蔓が伸びます。

その親蔓の脇から出てくる子蔓や孫蔓を、毎日管理してやらなければなりません。正しい整枝をしてやることで、美しいヒョウタンが育つのだ、と言われています。私はまだまだ初心者ですので、見学がやっとのことですが、どうも瓢箪育成名人たちは、どこにどう枝が伸び、実はどのあたりにできるのか、かなり先見の明があるようです、、、そして達人になりますと、ひょうたんと会話ができるようです。どこへ行きたいのか、どうなりたいのか、導きながら、育成をしている、病気を防ぐために、的確な管理を行う、熟練会員の姿には、いつも脱帽させられます。

出来るだけの人の手をかけて世話をして、また天気、時間、様々なことが折り重なり、やっと育つ、本当に貴重なおもしろい植物です。

 

 

 三日も経てば、急成長を見せるひょうたんですが、また畑の様子をアップします。

Best Regards.

 

 

 

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

今回は会員のひょうたん作品の紹介です。

5月、守谷市の特別養護老人ホーム”峰林荘”さんにて、こんな作品を展示しています。

 

鳥も鯉も、ひょうたんで出来ています。

 色鮮やかな鯉は、近くで見ると今にも泳ぎだしそうでした。

 

それから先月に、”いこいの郷”でのひょうたん記事をアップしましたが、その追記です。

なんとなんとなんと、、、ひょうたんで作った、いこいの郷キャラクター”ゆたろう君”を、今を輝くあの、横綱白鵬が手に取りサインした!という事件があったようです(=゚ω゚)

写真ではなかなかわかりづらいのですが。。いこいの郷さんにケースに入れられ飾ってありますので、みなさん機会ありましたらぜひ見てみてくださいね。