• カテゴリ 登録団体 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

市民活動ブログ - 登録団体ブログ

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在31名、6班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。
ここに発表の作品は、班順(D班)に一人2点、例会合格作品の中から公表するものです。

「ほのか」取手市 堀北 忠正

「夢-X」取手市 堀北 忠正

「桜の頃」つくばみらい市 福岡堰 桑原 知喜

 

「清 涼」守谷市 四季の里公園 桑原 知喜

「パラボナ」守谷市 桜口 茂男

「梅 雨」守谷市 桜口 茂男

 

「田 園」常総市 中妻町 倉田 憲夫

「雨の中の二人」桜川市 雨引観音 倉田 憲夫

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

大雨災害に襲われた各地の様子をテレビで見ていると、言葉がありません。

毎年毎年、異常な事態、予想が出来ない天気です。そして、梅雨ってこんなに長かったっけ???と私は感じていますが、、、瓢箪も日照不足のようです。先月まで順調であったひょうたん達が、突然葉が枯れ元気がなくなり、病気の兆候が見え始めました。

以下、お見苦しい写真を何枚か載せます。苦手な方は、閲覧をご遠慮ください。

 

クラブ会長も、長いこと育成に携わってきたが、今回の病気は初めてだとおっしゃっていました、何が原因なのか、よくわからないとのことです。

葉の様子からすると、褐斑病ではではないか?と思いますが、いろいろな要因が重なってのことかもしれません。どなたか助言を頂きたいほどです。そして、この天気ではなかなか薬を使うことも難しく、ウイルスなのか菌なのか、それに耐えられる力がなかったのか、、、

幸いサマーキングという品種は葉っぱが元気であり、無事だったので、これから完熟の期間、様子をみながらやっていくとの事でした。

 

 

なんとも痛々しい、自然に枯れたものではなさそうです。。。葉の根元の茎のところから腐ってきていたり、ツル自体が茶色くなって、瑞々しい力が見られませんでした。

 

まるでウラナリのような姿、これでは皮が完熟するか難しいところです。この斑点のようなものも、傷ではなく発生したもので、スタイルは良くても、肌は美しくありません!水漬けしたら、きっと溶けてすべて腐ってしまうでしょう。苗から大切に育ててきた結果がこれでは、、、悲しすぎます。

こちらはサマーキングという品種。立派です!

 しかし、こちらも例年とは違って、小蔓にまったく雌花が咲かなかったそうです。孫ツル、ひ孫ツルまで伸ばしてやっと雌花が開花、受粉はこの雨のなか、奇跡のタイミングで、なんとか出来たものです。皮をケロイドのようにしてしまう害虫とも闘いながらの、会長の努力の賜物です。

しかし肝心なのはこれから!!

昔、瓢箪の聖人が言ったそうです。

特大瓢箪を完熟させるには、実、ひとつに対して、健全な葉が、1500枚必要である。と。

大きな葉っぱが、一個の実につき、千五百枚です!そして、受粉がうまくいって着果してから、完熟までには最低60日はかかると言われています。大きなものでは90日、その間、葉を健全に保ち、栄養を送ってやらねば、丈夫な瓢箪はできないとのことです。

今年の収穫は、10月か、、、葉が全て枯れ切るところまで待たねば、完熟までいかないでしょう。

今後のお天気も非常に気になります。

自然の神様に祈りながら、作業を続けていきたいと思います。

 

 

 なんてことでしょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ禍の影響で例会が出来ず、投稿が途切れていましたが、5ヶ月ぶりの復活です。

例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。
会員数は現在31名、6班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。
ここに発表の作品は、班順(C班)に一人2点、例会合格作品の中から公表するものです。

「星降る梅林」 つくば市 筑波山 久保 隆之

「桃色吐息」 柏市 あけぼの山公園 久保 隆之

「アヤメ」 守谷市 四季の里公園 中條 弘

「日の出」 千葉県 九十九里海岸 中條 弘

「コロナに負けないで」 守谷市 四季の里公園 藤井 史夫

「雨上がり」 柏市 あけぼの山公園  藤井 史夫

スポットライト」守谷市 立沢公園 佐是 訓子

 

夕陽に染まって」守谷市 四季の里公園 佐是 訓子

 

6月、畑の様子

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2020/6/17 17:09

 こんにちは。守谷ひょうたんクラブです。

これが梅雨の天気かな??と感じる昨今ですが、どうか今年は恵みの雨でありますように。

 

自然のパワーと緑に癒されるひょうたん畑の様子です・

立派なミミズ!!

葉っぱも横綱サイズのサマーキング!!

なんと美しい巻きひげ(*´ω`*)けっこう丈夫です。

 

お天気に恵まれますように!!

Best regards.

 

 

 「生命輝く水辺」

茨城県南部の龍ヶ崎市に、周辺が宅地化しても殆ど観光化されず、自然いっぱいの「牛久沼」
(6,52平方キロメートル)があります。古くから河童にまつわる伝説や、美味しい鰻が堪能できる事でも有名です。周囲は市民の憩いの水辺として親しまれ、白鳥や鴨、カワウなど水鳥の楽園にもなっています。
撮影 フォトクラブ写遊 澤崎房子

1.霧にけむる

2.初 春

3.愛おしい

4.ママー

5.みんなでお散歩

6.あぶない

7.朝靄に舞う

8.いつもの仲間

9.厳冬

演奏会&瓢箪ひな飾り

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
iijima 2020/2/27 8:01

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

季節の変わり目、春に向けて大きく変化する前段階でもありますこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

前回のブログでお知らせしました通り、22日に東部ガス守谷ショールームで、手作りひょうたん楽器の音出しがありました。沖縄三線の方もゲストで演奏して頂き、アコースティックな音空間のひとときでした。

 お越しいただきました方々、ありがとうございました。

それから、この新型ウイルス騒動のなか、ブログでお知らせするのはどうかと悩みましたが、、現在、守谷市野木崎にあります大野公民館で、お雛様の展示が行われています。

福祉施設での開催予定でしたが、感染拡大被害を防ぐため中止されまして、かわりに大野公民館で3月3日までの展示です。見事なお雛様がたくさんです、一部を写真でご覧ください。

また開催中は、お越しいただいた全員にマスクをお配りして、入り口では手指のアルコール消毒を、必ずしてもらうようになっています事、お知らせしておきます。

 

 

 

 

これから大事なイベントが控えている方も、たくさんおられるかと思います。

安全と健康を一番に、みなさま健やかでありますよう、どうぞお元気でお過ごしください。

 こんにちは守谷ひょうたんクラブです。

2月になりましたが、まるで春のような暖かな日が多く、気候の変化を年々感じるようになりました。

今年は茨城に雪は降らないのでしょうかね(*'ω'*)。。。

さて、今年もtx守谷駅の近くにある、東部ガスさんのショールームにて、ひょうたん作品の展示をさせて頂いてます。今回は初の試み、珍しい瓢箪楽器を集めてみました!

この一番右の、長さ1メートルを超す大きな瓢箪は、幸彩(こうさい)と呼ばれる品種のもので、茨城筑波で開発されたものです。書いてある言葉は、”游山翫水”(ユウザンガンスイ)禅の言葉だそうで、翫は”玩”とも書かれ、満足するまでとことん遊ぶ、という意味、山や川で美しい自然や景色を見て、水を玩び、楽しむ事を表すそうです。

左隣は太陽をイメージして描かれた絵、金色は何重にも塗料を重ねてあります。

 

 

他にも茨城の畑で採れた瓢箪で、ハワイやアフリカに伝わる楽器を制作しました。実際に触って試奏できるものも、いくつかありますので、ぜひお立ち寄りください。アットホームで親切!笑顔がステキな、安心できる東部ガスのスタッフさんもいます(*'ω'*)

2月22日(土曜)の11時からは、水琴窟のようなサウンドが響く、巨大レインスティックの生音も披露いたします。ぜひみなさん遊びに来てくださいね。

 

 

 茨城から空の安全を衛る

茨城県小美玉市百里に「航空自衛隊百里基地」があります。首都圏防空の要をにない、災害発生時には、人命救助や物資輸送にいち早く飛び出して行くのもここ百里基地からなのです。東京オリンピックが開催される今年は、特に緊張の一年になる事でしょう。そんな百里基地では、昨年12月に航空祭が開催されました。人気のブルーインパルスや退役予定のF4ファントム最後の飛行を見るため、大勢の航空ファンが集まりました。そんな航空祭の様子を取材しました。

 

 

1.航空祭の朝 後藤 和男

 

2.入念に点検  石橋 憲雄

 

3.チョット行ってきます 畠山 信義

 

4.スクランブル訓練 畠山 信義

 

5.オイラの目印「筑波山」前に無事着地  石橋 憲雄

 

6.ブルーインパルス上昇飛行  倉田 憲夫

 

7.ブルーインパルス直滑降  倉田 憲夫

 

8.ブルーインパルス地上反転 倉田 憲夫

 

9.一機撃ち・危険でショ­ー 畠山 信義

 

10.救援訓練  後藤 和男

 

11.大空に咲く 石橋 憲雄

 

12.空の男の優しい笑顔 畠山 信義

 

13.「茨城県」の人気者  畠山 信義

 

14.名残り惜しむ空の友  後藤    和男

 

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在32名、6班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。

ここに発表の作品は、班順(B班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「つくばの朝焼け」 下妻市  勝又宏明

「錦秋のお寺」 松戸市 東漸寺 熊野 茂男

「ロウバイの止り木」 柏市 大堀川 山上 徹

「やはり女の子」 野田市 清水公園  山本 靖恵

「浮き玉」 柏市 中川 静枝

「川岸の朝」守谷市 高野 岡本 恭二

「第18回花ごよみ写真展」は、昨年12月11日を持ちまして、7日間の展示会を終了致しました。期間中、大勢の皆様方のご来場を頂きまして、会員一同心より御礼申し上げます。ありがとうございました。今回は、写真家・吉住志穂先生による、花の写真のトークショーや特別展示もあり、好評を頂きました。今後とも、写真を通じて皆様方と、お付き合いさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 

特別講師展示 写真家 吉住 志穂さん

 春色を纏う  

秋麗の影絵