市民活動ブログ - 最新エントリー

守谷のソバ
 守谷では立沢・板戸井・大木地区で秋ソバの栽培が盛んになり、昨年の栽培面積は1.2ヘクタール以上に達したという。
 9月下旬から10月にかけて、ソバの花が白一面に広がり、秋空に映える。

10月下旬になると、大型のハーベスターによる収穫が始まり、その情景は秋の風物詩になっている。

11月には「新そば祭」が開催され、市役所内で多くの市民が打ちたてそばを楽しんだ。

                                            文・撮影  岡本恭二
 

そば畑の夜明け

そば刈り

楽しそうなそば打ち名人

手際良い指使い

市役所で新そば祭り
フォトクラブ「写遊」15周年を迎えて
      会長 小松洋一
 
2000年12月に発足したフォトクラブ「写遊」は今年15周年を迎えました。
そこで今年はいくつかの記念事業を進めてきました。
 1番目は、写遊恒例の「ふれあい写真展」と「花ごよみ写真展」を記念写真展として開催いたしました。守谷市教育委員会の後援、茨城県文化振興財団の助成を受けてより充実した写真展の開催を図りました。
 2番目は、守谷市市民活動支援センターのホームページ内に“写遊のブログ”を開設させて頂きました。これにより広報の充実を果たしつつ、写真で地域の魅力を発信するなど、ボランティアに一歩踏み出し活動の幅を広げました。 
 更に、会員相互の交流の深化、活発化を図るため“フェイスブック上に写遊専用サイト”を開設しました。撮影情報などを可能な限り提供し合い、互いに刺激をもたらす事でレベルアップに繋がる仕組みが出来たと思います。
 3番目は、会報紙「写遊だより」の15周年特別号を発刊致しました。
これまでの歩みを振り返り記録として残すことと、今後の運営に資すため「写遊15周年の歩み」として取りまとめました。
 当会は、公民館活動の一環として発足しており、大きな目的は会員相互の親睦を図り、活動を通して各人の生活の充実に役立つことであります。もちろん、写真技術の向上、美しい写真の製作の追及は必要でありますが、それにあまり縛られることなく、みんながより生き生きと楽しく活動することにあると思っています。

会員は目下37名、お陰さまで順調に成長発展し一応の勢力になってまいりました。来るべき20周年30周年を見据え、今成し得る事を取り入れ内外の期待に応えて行きたいと思います。 

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在39名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。

ここに発表の作品は、班順(A班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「何処へ」 坂東市菅生沼  古屋 亮

「晩秋の美」 茅野市蓼科 御射鹿池 沼田 文子

「神馬」 埼玉県小鹿野町  谷奥 正好

「夜空に浮かぶ風車」柏市あけぼの山公園 郷原 弘一

「紅葉を楽しむ」 文京区六義園  松本 繁

「光 明」 桜川市薬王寺  畠山 信義

「湖上の秋」  日光市中禅寺湖  中條 弘

ひょうたんランプ学習会

カテゴリ : 
登録団体 » 守谷ひょうたんクラブ
執筆 : 
takachan 2015/12/22 15:16

12/19はランプ作りの学習会です。

守谷クリスマスファンタジーで飾るためのひょうたんランプを作りました。

 

どんなデザインにしようかな?と思案中~~

 

アクリル樹脂棒のカットを指導中

 

ひょうたんに穴をあけ、このアクリル棒を突き刺すと内部に設置したライトの光を反射し一層繊細な光が表現出来ます。

 

 

私は初めてのランプ作り故、不慣れな為にお持ち帰りし自宅でやっと完成です

自宅でのひょうたん制作では思わぬ副産物が!

ひょうたんにくり抜いた図案が天井に投影し影絵の様。

天空のトナカイを発見~~

 

ひょうたんランプが気になる方必見の

ひょうたんランプショーは23日午後5時から7時頃まで。

※雨天中止です。

どうぞお見逃しなく

詳しくは守谷市のHPをご覧下さい。

 

 

こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです♪
 
12月6日のよく晴れた日曜日、守谷市の特別養護老人ホーム‘峰林荘’にて、入居者さんとその家族を中心にクリスマスパーティーが行われました。
 
 
 
こちらの施設のモットーは、ここでは、みんなが家族。利用者が身近な地域で必要なサービスが受けられるようにと、一人一人のペースを重視しながら、スタッフを中心としてサービスや介護の在り方も日々試行錯誤されているそうです。
 
 
 
こちらのジェントルマンが施設長の櫻井さん。
穏やかな雰囲気、お話ししているだけで、そのお人柄に優しく包み込まれる気分になりました。
 
 
クリスマスパーティーは、ホールに参加者が揃った午前11半よりスタート、“愛のオルゴール”“きよしこのよる”“ジングルベル”などのクリスマスソングが、ハンドベルの繊細で豊かな響きによって演奏されました。また、鈴の音色やウインドチャイムも耳に心地よく、だんだんと空間を満たしていきます。演奏後半は入居者さん達からのハミング、自然と歌を口ずさむ様子が見られ、ラストの“ふるさと”では、皆で合唱、歌を通してそれぞれの懐かしい風景を思い浮かべられたことでしょう。一体感が感動的な空間と時間をつくっていました。
美しい生音や、歌うことは身体や心によい影響があり、特別なひとときを皆で過ごすのは素晴らしいことですね。
 
 
さて、その貴重な空間の脇に、守谷ひょうたんクラブのボランティア活動の一環として、ひょうたんランプを灯させて頂きました。ささやかながらも、彩にして頂き、興味をもって眺めてくださっていた入居者さんがいたことで、こちらの心もあたたまりました。このような活動は、これからも続けていきたいと思います。
 
 
追伸
 
お知らせ☆今月の祝日23日(水曜日)はTX守谷駅前広場にて、17時30分からひょうたんランプやペットボトルランタンで、クリスマスファンタジーのイベントがあります!こちらも灯します!!
年々広がりを見せつつあるこのイルミネーション作品、みなさま、宜しくお願いいたします!(∩´∀`)
(^^♪ちなみに当日のボランティアさんも募集しているようです、詳細は守谷市民活動支援センター、ここのトップページに掲載されています。
 
文責  くみちゃん

水と緑のわがまち守谷。私達が日々暮らすこの街にも、紅葉の見所が沢山あります。

今月は、身近な守谷市内の紅葉を紹介致します。

「熊野神社のモミジ」 岡本 恭二

「四季の里公園のメタセコイア」 岡本 恭二 

「屋敷林(立沢)のケヤキ」 岡本 恭二 

「旧家(立沢)のケヤキ並木」 岡本 恭二

「長龍寺のモミジ」 倉田 憲夫

「雑木林(土塔森林公園)の黄葉」 倉田 憲夫

「みずき野のイチョウ並木」 畠山 信義

「利根川付近の秋景」 畠山 信義

「市役所のモミジバフウ」 畠山 信義

「松ケ丘公園のイチョウ」  石橋 憲雄

       「さくらの森公園の紅葉と山茶花」 後藤 和男

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在39名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。
ここに発表の作品は、班順(E班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。
 
「湖畔の秋」 日光市  末弘 敦嗣

「のぼれたよー」 竜ヶ崎市  澤崎 房子

「荒波」 銚子市  水口 忠男

「山道」 秩父市 武谷 祥右

「みんな元気に」 結城市  古賀 雄一

「紅葉真っ盛り」 日光市  長谷川 晃司

「リズムに乗って」 守谷市  酒井 義隆

「花模様」 牛久市  武田 綾子

今月の総会

清閑な佇まいの中でのお食事&茶道体験が面白い親睦会でした。

 

季節はすっかり寒くなり、街の彩りは寂しいですが瓢箪翁たちは元気ですからアウトドアで目一杯遊びますよ(‘◇’)

・ピザ係 軍手姿も 粋なもの 

・瓢箪翁 竹庵前の 伊達姿

ゆるキャラでもサンタさんでもありません。会長です。

 

・山形の いも煮の味に 会心の笑み

 

いつものひょうたん作りはありませんが、

皆で協力し食事の支度から片付けまでを楽しむ気持ちがあればご飯も美味しく、新旧のメンバーがよりお近づきになれたと思います。

勿論、ひょうたん談義に花が咲くのは毎度のことです(‘◇’)

互いに教えたり教えられたりしながらの作業は、ひょうたん作りに活きる経験となりました。

 

まずは最初から参加したメンバー。

 

途中参加のメンバーも忙しい中、駆けつけてくださいました。 

老若男女、多士済済な面々が揃い、益々楽しい活動が出来るクラブに発展します様に(#^.^#)

  

・瓢箪の 光彩放ち 勝るひたい

新しい試みによる瓢箪のお披露目です。

色の組み合わせに自由度が広がりました。

 

文責  たかちゃん

 

 

 こんにちは☆

 
11月21日、守谷市民活動支援センター(キターレ2階)で、ひょうたんのランタン作りを行いました。子供から大人まで一般参加者は20名ほど、これにセンターの職員さんやボランティアさん、フォトクラブ写遊さんからの応援や、新聞社からの取材、ひょうたんクラブ会長、会員、またカメラを持った近所の方たちなどで賑わっていました。
 
 
 
この日ランタン作りを主に指導して下さったのは、デザイナーでもあり手芸作家、守谷市の小学校や施設で、手作り作品の講師など、各地で活躍中の国松ふさ子先生。
 
 
 
笑顔がステキな国松先生、かわいらしいキラキラビーズの使い方のコツを、私も個人的に教えて頂きました。(^^
 
 
 
この日制作したひょうたんランタンは、来月TX守谷駅前広場クリスマスイベント(開催日・時間は追ってお知らせ)にて、みなさまにお披露目いたします!
 
数々の瓢箪ランプに加え、ペットボトルランタン、イルミネーション、壮大な光のオン・パレードが駅前を照らす予定です★ 毎年恒例、年々広がりを見せつつあるこのファンタジックなイベント、必見です!乞うご期待☆

 こんにちは☆ 

守谷ひょうたんクラブです!

 

10月ひょうたんの葉はすっかり枯れてしまいましたが、千成、ミニはそのまま蔓の上に残しておきました。すると自然にひょうたんの実も乾燥し、独特の姿であります、腐敗ではなく、錆びていくような、燻されていくような様が美しいと感じるのは私だけでしょうか・・・

 

会長いわく、これは水漬けせずそのまま加工しても味がでるのだとか。サイズも形も唯一無二で、皆ユニークでありました。

 

そしてこちら!

サツマイモです★

 

自分は私事で参加できなかったのですが、会長、会計のO氏が中心となり、守谷市の子供会やゲストを呼んで、盛大なるイモ掘り大会を行いました。

人知れず畑の整備をしてくださった会員のみなさま、ありがとうございました。そしてなにより土地、苗を提供してくださったM様、ありがとうございました。

今年は日照不足からか、なかなかイモのサイズが大きくなるまで時間がかかりましたが、味は大変よく、甘いお芋さんができました♪

競うように一生懸命掘り出していた子供たちの姿が、印象的だったそうです。(∩´∀`)∩掘りたてのイモ、自分の手で収穫した味は、格別だったでしょうね♪

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

 

それから10月31日の定例会では、残ったひょうたん&イモを全て収穫し、畑の整備をしました。

 

 

 

 

各々の連絡や報告、今後の活動予定を確認しながら、少し肌寒くも集まった会員とその家族で、畑作業とお掃除、お片付け・・・今年のひょうたん畑のフィナーレを迎えることができました。

これから冬は収穫したひょうたんを加工する作業がメインになります。

会員の作品がどのようなものに出来上がるか、楽しみであります。

                                                  文責 くみちゃん