市民活動ブログ - 最新エントリー

 遊んで学べる花の里「あけぼの山農業公園」

一年中何かのお花を楽しませてくれる景勝地「あけぼの山農業公園」は、
千葉県柏市の、守谷とは利根川を挟んで対岸の広大な田園地帯に広がっています。車で約10分程度と至近のため、私たち守谷市民にとっても ”静かに豊かな時間を楽しめる” 憩いの場となっています。

「花園の目覚め」 久保 隆之

 

「春なのに」 山上 徹

 

「満天の大空」 郷原 弘一

「楽しいお弁当」 山上 徹

「思わず駆け出す」 倉田 憲夫

「霧中浴」 石橋 憲男

「真夏の笑顔」 畠山  信義

 

「夏の夕暮れ」後藤 和男

「秋日和」 畠山 信義

  

「光の苑」 山本 修史

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

先週末の13、14日、tx守谷駅前広場でのMOCOフェスタ、初日はあいにくのお天気で人もまばらでしたが、二日目は賑わい大盛況!ひょたんクラブもお祭りに参加させて頂きました。

子供から大人まで様々な人が集うMOCOフェスタ、立派なステージにバラエティに富んだ出演者、地元の特産品に屋台、商店、ゆるキャラやSLも大人気でした。

さて今回も会員の作品がブースに並びました。

 

老若男女、小さな子供たちも、ひょうたんや会員たちの作品に興味を持ってくれた方がいました。

珍しいものでは、ひょうたんを炭に加工したもの。。

 

電話機の側、お手洗いや和室、玄関にそっと置いてもオシャレです。消臭効果などもあります。

 

こちらは、家紋をひょうたんに電熱ペンで描いたもの。

 

日本全国に何万種類とある家紋ですが、運よく自分の家のものに出会えたお客様には、その場で名前も入れて販売させて頂きました。

 

今年でMOCOフェスタは6回目を迎えたそうですが、年々広がる魅力あふれた、地域に根ざしたお祭りです。このようなイベントで、ひょうたんを通じ、たくさんの方々とコミュニケーションできることは、クラブにとっても本望です!元気が生まれますね!

ひょうたんクラブのブースに来て頂いたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 フォトクラブ写遊は、男女35名を擁し楽しく活発に活動している写真クラブです。

今回の「ふれあい写真展」は年2回の主要写真展の一つで、自由作品、テーマ作品、計68点を展示致します。会員の力作を展示しておりますので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来場頂きたく、ご案内申し上げます。 
 
主 催:フォトクラブ写遊(北守谷公民館を拠点に活動)
後 援:守谷市教育委員会
会 期:2017年5月31日(水)~6月6日(火)
     9時30分~17時30分

会 場:守谷市市民交流プラザ・市民ギャラリー(入場無料)

作 品:自由作品 34点  テーマ作品「流れ」34点

連絡先:会長小松洋一(℡ 0297-48-2519

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

朝晩まだ少し寒い日もあれば、既に夏のような暑い日や、穀雨ではなく雷鳴とどろく豪雨があったり、季節の変わり目は体調管理も大切に、日本のお天気も常に変化しているものですね。

さて、先月いつの間にか定植されていたこのひょうたんも、苗帽子にしっかり守られて、

 

今日の定例会には、こんな姿に成長していました。

 

本日は天気も良く、会員さん達も多く集まり、皆でひょうたんの定植、草むしり、ジャガイモの芽かきなどの作業を行いました。

 

 

新たにひょうたん苗を植えました!

この透明なプラスチックのカバー(苗帽子)で、霜を防いだり、まだ小さな苗を守ります。竹の棒や針金ハンガーをうまいこと使っています、会長のアイデアが光りますw

 

 

 

 

こちらはジャガイモの芽かき、種芋から出た4本の茎を、根を傷つけないようひとつ抜き、3本にしてやります。これでより実に栄養がいきやすく、大きくなるのだそうです。

 

 

芽かきで出てきた小さな粒イモ、これも食べられます!

 

また、定例会ではほぼ必ず皆でやる草むしり、雑草取り、これも、畑をやるには大事なのだと会の長老的存在の会員さんに教えてもらいました。こんな名言があるそうです。

上農は、草を見ずして草をとる

中農は、草が見えて草をとる

下農は、草が見えても草とらず

と、つまりは雑草が生えてきたなと気付く前に仕事しろという教訓でしょうか、すごいですね~

上農(じょうのう)という言葉も聞き慣れないかもしれませんが、昔の方はよく言ったそうです。勉強になりますね~。で、そんな話をしていたらもう一句、

野の草をかる人は  野の果てを見ず

これは、平野いっぱいに蔓延る雑草を果てまで見渡せば、とても全てをキレイにするなど、やりきれない思いになってしまうだろう、しかし、草かりをやるべきは、目の前にある草をひたすら取るのみ、己の目の前の仕事を、ただ見て、行えよ、という意味なのでしょうか。。素晴らしい開拓精神ですね~

 

と、そんな名言や教訓を他にもい~っぱい頭の引き出しに持っている会員さんがひょうたんクラブにはたくさんいます!汗と土にまみれながらも畑作業を通じて、様々な交流をしています。

そのひょうたんクラブ、今年もMOCOフェスタ参加決定しました。5月13日(土)14日(日)守谷駅西口駅前広場にて、ブース出店いたします。会員の力の入った作品が多数並ぶ予定ですので、ぜひお越しくださいませ。

 「桜の名所・福岡堰」


つくばみらい市の小貝川をせき止めて造られた福岡堰は、岡堰・豊田堰と共に関東三大堰に数えられています。堰から流れる用水の間の堤には、約600本の桜が1.8kmにわたって植えられおり、桜のトンネルや水面に映す美しさは絶景です。茨城観光100選にも選ばれ、県内でも人気の桜の名所になっております。開花に合わせて福岡堰さくらまつりも開催され、大勢の花見客やカメラマンで賑わいます。此処に掲載した写真で、福岡堰の魅力を再発見して頂けたら幸いです。

「桜のトンネル」 倉田 憲夫

「桜並木」 沼田 文子

「カヌーでお花見」石橋 憲雄

「にっぽん一」 畠山 信義

「真っ赤な桜」 倉田 憲夫

「超豪華ステージ」 畠山 信義

  

「発散する若者」 山上 徹

 「名残り尽きぬ春」 倉田 憲夫

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在35名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。

ここに発表の作品は、班順(D班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「子豚レース」 富津市 マザー牧場  小松 洋一

「花飾り」 取手市  堀北 忠正

「紅のときめき」 つくばみらい市  倉田 憲夫

「菜の花の朝」 守谷市 大柏  後藤 和男

「山中に陽が射す」 栃木県 茂木町  髙橋 英雄

 「独り占め」 筑西市 母子島 山本 修史

第4回花だより写真展

カテゴリ : 
登録団体 » フォトクラブ四季
執筆 : 
shiki-moriya 2017/4/17 17:28

 フォトクラブ四季でございます。今年も市活動支援センター2階フリースペースでA4判カラー写真を十数点下記のよう展示します。皆様ご覧になってください。

          記

 展示期間:7/19(水)~8/5(土)

撮影 鬼形 一郎

 4/30~5/27の28日間、市民活動支援センター2階フリースペースで展示します。

                                                                                                          撮影 村田 隆

 例会は、毎月第3土曜日に実施、一人5点の新作を持ち寄り、講師の講評を頂きます。

会員数は現在40名、5班に分け班順位で、例会の運営係りに当たります。

ここに発表の作品は、班順(C班)に一人1点、例会合格作品の中から公表するものです。

「寺院幻像」守谷市 大園寺  岡本 恭二

「雪原散歩」 裏磐梯 檜原湖  久保 隆之

             

「お食事中」 水戸市  崎田 春江

 

「冬空に咲く」 日光市 湯元  石橋 憲雄

 

「霧の秋風景」 志賀高原  横内 陽子

 

「鬼ごっこ」 横浜市 横浜自然園 山本 靖恵

「あら面白い」 福島県 只見町  中川 静枝

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

日中はすっかり暖かくなり、春の陽気になってきましたね。

三月の第三土曜日に畑で総会が行われました、今年度の年間活動計画と昨年度の会計決算報告、また、新しい会員さんの紹介、清水会長のあいさつなど、一時間ほど打ち合わせの後、皆で畑の整備などをしました。私は鍬の使い方はよくわかりませんが、会員さん達がせっせと畝を作っていました。簡単そうに見えるかもしれませんが、結構大変な作業なのかなぁ、と、すみません、私は見るだけで草むしりぐらいしかできませんでした。(^^;)みなさんおつかれさまでした!

ひょうたんの苗の植え付けは来月、今年はどんな出来事が起こるでしょうか、クラブ一丸となってやっていきたいと思います。