市民活動ブログ - iijimaさんのエントリ

 こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです。

日中はすっかり暖かくなり、春の陽気になってきましたね。

三月の第三土曜日に畑で総会が行われました、今年度の年間活動計画と昨年度の会計決算報告、また、新しい会員さんの紹介、清水会長のあいさつなど、一時間ほど打ち合わせの後、皆で畑の整備などをしました。私は鍬の使い方はよくわかりませんが、会員さん達がせっせと畝を作っていました。簡単そうに見えるかもしれませんが、結構大変な作業なのかなぁ、と、すみません、私は見るだけで草むしりぐらいしかできませんでした。(^^;)みなさんおつかれさまでした!

ひょうたんの苗の植え付けは来月、今年はどんな出来事が起こるでしょうか、クラブ一丸となってやっていきたいと思います。

 

 

こんにちは☆守谷ひょうたんクラブです♪
 
12月6日のよく晴れた日曜日、守谷市の特別養護老人ホーム‘峰林荘’にて、入居者さんとその家族を中心にクリスマスパーティーが行われました。
 
 
 
こちらの施設のモットーは、ここでは、みんなが家族。利用者が身近な地域で必要なサービスが受けられるようにと、一人一人のペースを重視しながら、スタッフを中心としてサービスや介護の在り方も日々試行錯誤されているそうです。
 
 
 
こちらのジェントルマンが施設長の櫻井さん。
穏やかな雰囲気、お話ししているだけで、そのお人柄に優しく包み込まれる気分になりました。
 
 
クリスマスパーティーは、ホールに参加者が揃った午前11半よりスタート、“愛のオルゴール”“きよしこのよる”“ジングルベル”などのクリスマスソングが、ハンドベルの繊細で豊かな響きによって演奏されました。また、鈴の音色やウインドチャイムも耳に心地よく、だんだんと空間を満たしていきます。演奏後半は入居者さん達からのハミング、自然と歌を口ずさむ様子が見られ、ラストの“ふるさと”では、皆で合唱、歌を通してそれぞれの懐かしい風景を思い浮かべられたことでしょう。一体感が感動的な空間と時間をつくっていました。
美しい生音や、歌うことは身体や心によい影響があり、特別なひとときを皆で過ごすのは素晴らしいことですね。
 
 
さて、その貴重な空間の脇に、守谷ひょうたんクラブのボランティア活動の一環として、ひょうたんランプを灯させて頂きました。ささやかながらも、彩にして頂き、興味をもって眺めてくださっていた入居者さんがいたことで、こちらの心もあたたまりました。このような活動は、これからも続けていきたいと思います。
 
 
追伸
 
お知らせ☆今月の祝日23日(水曜日)はTX守谷駅前広場にて、17時30分からひょうたんランプやペットボトルランタンで、クリスマスファンタジーのイベントがあります!こちらも灯します!!
年々広がりを見せつつあるこのイルミネーション作品、みなさま、宜しくお願いいたします!(∩´∀`)
(^^♪ちなみに当日のボランティアさんも募集しているようです、詳細は守谷市民活動支援センター、ここのトップページに掲載されています。
 
文責  くみちゃん

 こんにちは☆

 
11月21日、守谷市民活動支援センター(キターレ2階)で、ひょうたんのランタン作りを行いました。子供から大人まで一般参加者は20名ほど、これにセンターの職員さんやボランティアさん、フォトクラブ写遊さんからの応援や、新聞社からの取材、ひょうたんクラブ会長、会員、またカメラを持った近所の方たちなどで賑わっていました。
 
 
 
この日ランタン作りを主に指導して下さったのは、デザイナーでもあり手芸作家、守谷市の小学校や施設で、手作り作品の講師など、各地で活躍中の国松ふさ子先生。
 
 
 
笑顔がステキな国松先生、かわいらしいキラキラビーズの使い方のコツを、私も個人的に教えて頂きました。(^^
 
 
 
この日制作したひょうたんランタンは、来月TX守谷駅前広場クリスマスイベント(開催日・時間は追ってお知らせ)にて、みなさまにお披露目いたします!
 
数々の瓢箪ランプに加え、ペットボトルランタン、イルミネーション、壮大な光のオン・パレードが駅前を照らす予定です★ 毎年恒例、年々広がりを見せつつあるこのファンタジックなイベント、必見です!乞うご期待☆

 こんにちは☆ 

守谷ひょうたんクラブです!

 

10月ひょうたんの葉はすっかり枯れてしまいましたが、千成、ミニはそのまま蔓の上に残しておきました。すると自然にひょうたんの実も乾燥し、独特の姿であります、腐敗ではなく、錆びていくような、燻されていくような様が美しいと感じるのは私だけでしょうか・・・

 

会長いわく、これは水漬けせずそのまま加工しても味がでるのだとか。サイズも形も唯一無二で、皆ユニークでありました。

 

そしてこちら!

サツマイモです★

 

自分は私事で参加できなかったのですが、会長、会計のO氏が中心となり、守谷市の子供会やゲストを呼んで、盛大なるイモ掘り大会を行いました。

人知れず畑の整備をしてくださった会員のみなさま、ありがとうございました。そしてなにより土地、苗を提供してくださったM様、ありがとうございました。

今年は日照不足からか、なかなかイモのサイズが大きくなるまで時間がかかりましたが、味は大変よく、甘いお芋さんができました♪

競うように一生懸命掘り出していた子供たちの姿が、印象的だったそうです。(∩´∀`)∩掘りたてのイモ、自分の手で収穫した味は、格別だったでしょうね♪

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

 

それから10月31日の定例会では、残ったひょうたん&イモを全て収穫し、畑の整備をしました。

 

 

 

 

各々の連絡や報告、今後の活動予定を確認しながら、少し肌寒くも集まった会員とその家族で、畑作業とお掃除、お片付け・・・今年のひょうたん畑のフィナーレを迎えることができました。

これから冬は収穫したひょうたんを加工する作業がメインになります。

会員の作品がどのようなものに出来上がるか、楽しみであります。

                                                  文責 くみちゃん

 

 

 8月第4土曜日の午前中、畑にて永宝の収穫がありました。

この日は曇りのち小雨、気温も23度と8月にしては涼しかったのですが、作業も進み、集まったメンバーで次々とひょうたん(永宝)を収穫しました。今年も?大収穫の豊作!?となりました。
 
嬉しそうなこの表情!
 
 
 
美しい曲線美!! 唯一無二の愛らしいフォルム!! 自然が生み出すアートです!!
 
 
 
色白にうっすら緑がかったひょうたんの肌触りはしっとりすべすべ(*´ω`*)
 
 
 
収穫した実は皆でわけることに・・どれがもらえるかは、公平にアミダくじで決めましたw
 
 
ちなみに副産物とは思えないほど大収穫のこちら!
 
まんまる大きなスイカは割ると真っ赤!大変甘くて皆大喜びでありました(∩´∀`)∩会員H様☆ありがとうございます(*´ω`*)ごちそうさまでした!
 
 
 
 
収穫後は今後の活動スケジュールの打ち合わせと、素瓢箪を作るための水漬けについて、会長から講義がありました。そう、ひょうたんはこれからが本番といってもよいのです!収穫したそのままでは器として使えず、内部を腐らせてからキレイにして、乾燥させなければなりません。
まずは実際にひょうたんのてっぺんから、インパクトドライバーを使って穴を開け、そこから細い棒で軽く突きながら、少しずつ水を注ぎます。ひょうたんの内部にはワタとなるものがあり、驚くほど水を吸収します、ゆっくりたっぷり水を飲んだひょうたんは、満タン最後にポコっとかわいいゲップをしました。
この作業を3~4日続けると、表面のお尻部分に濃い色が浮き出てくるそうです。そうしたら全体を水の中に漬け込むサイン。
また、コツとしてひょうたん内部に水を注ぐ時に一緒に少量の土を入れるそうです、微生物の力でワタの腐敗が進み、都合がよいのだとか。
小耳にはさんだ話ですが、汚いドブ水を入れればなお良い!?( ゚Д゚)とか、それでも腐るのは内部のみで、ひょうたんの外側、器としては絶対腐ることがないほど強いのだそうです。未経験の自分は、これから自宅で実際に作業しながら学んでいきたいと思います!
 
 
ひょうたんの収穫がひと段落してから、残ったメンバーでサツマイモのつる返しをしました。
 
つる返しとは、大きく伸び広がった茎を持ち上げて、つるから二次的に発生した根(不定根)を切る作業のことです。これをやらないと、伸びたツルから新たな根が出てきてツルばかり成長し、肝心のイモに栄養がいかないのです。
つる返しは定期的にやらねばならず、また大変腰が折れる重労働でありますが、甘くておいしいイモに育ってもらう為、欠かせません。9月には守谷の子供たちを呼んでイモ掘り大会を予定しています。
それまで太陽にあたって大きく成長しますように。
 
文責 くみちゃん

 こんにちは! 守谷ひょうたんクラブ6月定例会の様子です。

 
今回は、ひょうたんに結ぶ飾り紐について、講習会を行いました☆
 
講師はトラクターも運転できるダンディな会員、橋本さん。
 
 
この日は天気もよく、畑の作業後に9名ほどが、黙々と紐と格闘!
橋本さんのお手本を参考に、何度も結びなおしたり間違えたり、やり直ししながら覚えていきます。
 
 
 
 
 
続いて会長清水さんの得意な結び方、会員藤平さんの結び方もその場で急きょ発表。
しかしながらいざ人に伝えようとすると、ふとした瞬間、教えている本人も何をやっているのかわからなくなり・・・と、そんな場面もありましたが、それまで気が付かなかった新しい発見も出てきたようで、会員全員がいつの間にかあーだこーだと盛り上がっていました。紐の結び方っておもしろい!
 
 
 
文殊の知恵という言葉がありますが、数もやはり力になることがあるのですね♪ 講習会のテーマは“技術の向上”ですので、みなでこれからも発展させていきたいと思います!
                   文責   くみちゃん

 

 こんにちは! 守谷ひょうたんクラブ6月の畑の様子です。

 
 

今月上旬、こんな小さなかわいいピーナツのようだった実が・・・

 
 
 
 
いつのまにかこんなことに!!
 
 
 
キレイな黄緑色の実がいっぱい~☆
 
 
ひょうたんの花も、白くてかわいい!
 
 
これからまだまだ蔓はのびます。実もなります。
 
会長をはじめ熱心な会員さん達が、毎日朝晩畑の手入れ、受粉作業に虫取り、草むしりなど、汗を流しながらひょうたんのお世話♪
 
成長が楽しみであります。
 
 
 
                                                                    文責   くみちゃん

 こんにちは☆

 
守谷ひょうたんクラブ5月の畑の様子、更新です!
 
美しい葉っぱがTX車窓の眺めからも目に留まります。
 
 
 
会長をはじめ、熱心な会員さん達がよく世話をしているので、ひょうたんの生育はおおむね順調。このままグングン成長してくれるのが楽しみです!
 
さて、先日この畑の大家さんが、ひょうたんクラブのボランティア活動に賛同して下さり、守谷の子供たちにイモ掘り体験をと、サツマイモ(紅あかり)の苗を大量に寄付して下さいました!写真は半分ほど、来週また植えつけ予定です。
 
 
雑草取りなど大変な作業もありますが、こちらもまた楽しみであります!
 
                             文責  くみちゃん

 こんにちは☆

 
守谷ひょうたんクラブ5月の定例会と畑の様子です。
 
何日か続いた夏日のせいもあるのか、ぐんぐん蔓が伸びてきました。
 
 
 
この日行われたのは、ひょうたんの塗り、及び研ぎ出し技法についての講習です。
講師役を務めたのは陶芸や漆塗りの世界にも精通している会員の藤平さん。説明は穏やかにゆっくりとした口調で、ひとつひとつ考察をかさねてきた奥深さがありました。ありがとうございました!
そして他6名の会員も畑に集まり、小降りの雨の中でしたが、手作り屋根付き青空庵の下、実際に作業を重ね、和気あいあいと皆で技術の向上&発展をはかりました。
 
 
 
以下の写真は実際に研ぎ出してみた作品です(まだ制作途中ですが)
 
 
今の若者にとっては、新鮮でエキセントリックな柄に写るのではないでしょうか?
このような配色とデザインは個人の感じるところ様々で、好みもあります。研ぎ出し中に手につく朱色が血のようでコワーイ~と騒ぎ出す女性も・・・・()
会員も老若男女いますので、温故知新、伝統をふまえて参考にし、また新たな世界を広げるためにも、さまざまなことにチャレンジしながら制作活動を続けてまいります。
 
                                                   文責 くみちゃん

 こんにちは☆

守谷ひょうたんクラブ5月の近況です!
 
東日本大震災を契機に「元気、茨城!!を守谷から発信しよう」をテーマとして始まり、今年で4年目を迎えた「MOCOフェスタ」、未だ復興半ばの県内被災地の支援の為2015年、5月9日10日、TX守谷駅西口駅前広場にて行われました。
忘れません!東日本大震災復興応援とネパール地震緊急支援募金活動を目的に、守谷ひょうたんクラブがボランティアとして、2日間参加してまいりました!
 
 
 
 
 
当日は盛りだくさんのイベントブース、踊りや華やかなステージに加え、ご当地ゆるキャラの登場などもあり、老若男女、多くの人で賑わっていました。
そんな中、ボランティアブースにある、ひょうたんクラブ会員の作品に目を留めて募金をして下さる方も見られ、加えて清水会長のお楽しみトークにも花が咲き、多くのお客様の笑顔と笑い声で和やかにフェスタを過ごすことができました。
 
文責 くみちゃん